WHITEFLAG 3Dランプシェード(CV-LED001 ソリッドホワイト)

ご挨拶

こんにちは、この度は WHITEFLAG 3D公式ブログへお越しいただきありがとうございます。

本日のテーマはずばり、WHITEFLAG 3Dランプシェードの使い方です。

WHITEFLAG 3Dのランプシェードを使いたいけど、イメージがよくわからない!といった方向けに複数種類の電球を実際に取り付けた状態をご紹介します。

そもそも WHITEFLAG 3Dのランプシェードってなに?

WHITEFLAG 3Dのランプシェードは従来製法(射出成型等)では難しかった形状をWHITEFLAG 3Dの3Dプリンティング技術にて製造する全く新たなランプシェードです。3Dプリントにて製造されたランプシェードは以下の特徴があります。

軽量

ガラス製のランプシェードが小型のものでも250g程度あるのに対し、WHITEFLAG 3Dのランプシェードは直径200mmを超える大型のものでも100g程度と軽量です。

薄型

 ガラスや射出成型ではどうしても4~5mm程度の厚さが出てしまうことが多いですが、3Dプリント技術にて製造されるランプシェードは厚さ約1mmと薄い為、光を多く透過します。

従来製法では難しかったひねりのある凹凸や影が表現できる

 WHITEFLAG 3Dランプシェード第一弾のCV-LED001シリーズに代表されるようなエッジの効いたひねりのある凹凸が再現できることも3Dプリンティングの大きなメリットです。

実際にWHITEFLAG 3Dのランプシェードを見てみよう

ソリッドホワイト CV-LED001-SDWH

ソリッドホワイトはその名の通り半透明な白色で、中の電球があまり見えないのが特徴です。ランプシェード CV-LED001シリーズの中では唯一のバイオ原料から製造される樹脂を使用した製品であり、環境負荷の少ないランプシェードです。

対応電球は消費電力11W(およそ100形相当)までのLED電球で、電球の色がよくわかるカラーである為、昼光色、電球色等の違いで様々な味を見せてくれる一品です。

Philips HUEなどの調色対応LED電球を取り付けてみるのも面白いかもしれません。

電球色LED電球を取り付けた場合の様子
昼光色LED電球を取り付けた場合の様子

WHITEFLAG 3D ランプシェードのお求めはこちらから!

  • スパイラルペンダントカバー グリーン(クリア) 置物にもどうぞ
    スパイラルペンダントカバー グリーン(クリア) 置物にもどうぞ
  • スパイラルペンダントカバー クリア 置物にもどうぞ
    スパイラルペンダントカバー クリア 置物にもどうぞ
  • スパイラルペンダントカバー ホワイト 置物にもどうぞ
    スパイラルペンダントカバー ホワイト 置物にもどうぞ
  • スパイラルペンダントカバー ブルー(クリア) 置物にもどうぞ
    スパイラルペンダントカバー ブルー(クリア) 置物にもどうぞ
  • スパイラルペンダントカバー オレンジ(クリア) 置物にもどうぞ
    スパイラルペンダントカバー オレンジ(クリア) 置物にもどうぞ

Follow me!

投稿者プロフィール

白畑涼子
1995年生まれ。2017年にWHITEGLAGを立ち上げました。
これまで限られた人のみが使用できたもの、入手が難しかったもの等をより一般的に、入手しやすく。をテーマに始まったWHITEFLAGの代表です。
WHITEFLAG 3D 及び WHITEFLAG PC の2ブランド運営中。